朝飯がびいき。「素敵な朝飯」という用語もびいき

モーニングが好きです。朝の艶の中で伸び伸びモーニングを食するのは幸せな日付です。素敵なモーニングが出てくるインターネットブログや書物、映像などを見たり読んだりするのも好きです。
理想のモーニングという話には魅力を感じます。英文だと素敵な朝飯のことをBeautiful Breakfastといった表現するらしいのですが、その話の雑音にも魅かれます。「ホビット」という映像の中で、主人公のホビット(ホビットは食いしん坊で有名です)が、銘銘を食べようとするトロールたちにわたって「ビューティフルブレックファストを作って見せるから!(ですから助けて)」って命乞い始める景観がありました。緊迫した景観なのですが、ホビットの好運よりもビューティフルブレックファストの話の方に評判を引かれてしまいました。ホビットが組みたてる素敵なモーニング、食べてみたいです。さぞかし伝統的なイングリッシュブレックファストなんでしょう。
ビューティフルブレックファストで検索すると素敵な映像がたくさん出てきます。色とりどりのサラダ、ベリーの入ったヨーグルト、ハニートースト、卵ごはん、コーヒーなど。見ているだけで幸せな気分です。めしに海苔、お味噌汁ってお浸しという国中らしい朝飯も大好きです。
と言いつつ、仕事のあるお日様の朝飯は大して食べません。起きてから日付がたたないって食欲がわかないし、朝は調理する信念もそれほどわきません。休暇はのんびりモーニングを用意してじりじり食べます。欲としては、銘銘以外の誰かが素敵なモーニングを作って机着こなしまでしてくれたらいいのになーという空論しています。頭皮の汗臭さは髪を半渇きばかりに気にしてませんか。原因はほかにもあります!